くしゃくしゃ

精選版 日本国語大辞典「くしゃくしゃ」の解説

くしゃ‐くしゃ

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
(つば)の音をたてて、物をかむさまを表わす語。特にまずそうにかむさまや、上品でない食べ方の場合を表わす。くちゃくちゃ
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「翁飴を口に入れて、不味(まづ)さうに咀嚼(クシャクシャ)始める」
② 紙、布などを、丸めたり揉んだりするさま、または、そのようにして、しわだらけになったさまを表わす語。
挿話(1948)〈加藤道夫〉「突然、腹立たしげに伝単をくしゃくしゃとまるめて」
③ 物事が混乱して、正常な形をくずしたり、まとまりのなくなったりするさまを表わす語。ごちゃごちゃ。〔和英語林集成(再版)(1872)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「鼻の根を中心にして眼や額やを一度に此中心に向ってくしゃくしゃとあつめた」
④ ひどく泣いたり、目がわずらわしくて涙が出たりなどして、まぶたをうるさそうにするさまを表わす語。
※鱧の皮(1914)〈上司小剣〉一「眼をクシャクシャさして」
⑤ 気分のすっきりしないさま、また、心のいらだつさまを表わす語。くさくさ
咄本・仕形噺(1773)そそう「気はクシャクシャ、つくほどせけども仕よふなし」
[2] 〘形動〙
① (一)②に同じ。
※当世文学通(1889)〈内田魯庵〉「赤面居士が得意の論文はくしゃくしゃになった」
② (一)③に同じ。
※疲労(1907)〈国木田独歩〉「煙草盆には埃及煙草(エジプト)の吸ひ殻がくしゃくしゃに突込である」
③ (一)④に同じ。
※花物語(1908)〈寺田寅彦芭蕉の花「涙でくしゃくしゃになった眼で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「くしゃくしゃ」の解説

くしゃ‐くしゃ

[副](スル)
紙・布などを丸めたりもんだりして、しわだらけにするさま。「書き損じた便箋びんせんくしゃくしゃ(と)丸める」
いらいらして気分が晴れないさま。「雨続きで気分がくしゃくしゃする」
整っていないさま。雑然としているさま。
「―した目鼻立も」〈秋声
音を立てて物をかむさま。「ガムをくしゃくしゃ(と)かむ」
[形動]
1に同じ。「着物がくしゃくしゃになる」
顔などがしわだらけなさま。「顔をくしゃくしゃにして泣く」
形がひどく乱れているさま。「くしゃくしゃな髪の毛」
[アクセント]シャクシャ、はクシャクシャ
[類語]むくれるおこいか憤る八つ当たりいじけるひねくれるすねるひがむねじけるねじくれるふくれる気色けしきばむむかつくむかっとむかむかむっとむしゃくしゃむらむら不快不愉快不機嫌不興憮然仏頂面虫の居所が悪い風向きが悪い胸糞が悪い・けった糞が悪い・気を悪くするつむじを曲げるはらわたが煮え返る臍を曲げる・怒り付ける・怒り狂う腹立つ腹が立つ小腹が立つ向かっ腹が立つ・腹を立てる怒り心頭に発するまがまがしいいまわしいいとわしいおぞましいうとましい忌む嫌い毛嫌い大嫌い食わず嫌いいけ好かない虫が好かないいや気に食わない犬も食わぬ憎い憎らしい憎たらしい憎憎しい苦苦しい腹立たしいいまいましい苦虫を噛み潰したよう苦り切る眉をひそめる鼻持ちならないうとむうとんずる嫌気忌避忌み嫌う煙たがる呪わしいきしょい気色が悪い気味が悪い気味悪い底気味悪い薄気味悪い鳥肌が立つ気持ち悪い虫唾むしずが走る反吐へどが出るきもいグロいおどろおどろしい不気味鼻に付くうっとうしい薄ら寒いうそ寒い胸が悪い心外苛立たしいうらめしいしかめっ面渋面しぶつらしかめるひそめるひそみ顰蹙ひんしゅく苦る辟易うるさい嫌がる嫌気が差すいと蛇蝎視だかつし唾棄倦厭けんえん迷惑身の毛がよだつ総毛立つ背筋が寒くなる背筋が凍るぞっと肌にあわを生じる冷汗三斗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android