カール(大帝)(読み)かーる(英語表記)Karl der Große

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カール(大帝)
かーる
Karl der Groe
(742―814)

カロリング朝第2代のフランク国王(在位768~814)。フランスではシャルルマーニュCharlemagne。初代のカロリング国王ピピン(小)の長子。768年父王の死により、カールは王国の北半を、弟カールマンは南半を分割統治し、771年弟の死とともに全王国の統治者となった。[平城照介]

ゲルマン諸部族の統合

カールのもとでフランク王国は最大の版図に達した。まず772年、それまでたびたびのキリスト教化の試みに頑強に抵抗し、異教信仰と政治的独立を守り抜いてきたザクセン人に対し、武力による征服とキリスト教化に着手、その後約30年間、豪族ウィデキントを首領とするザクセン人民の激しい抵抗をくじくため、ほとんど毎年のように遠征を繰り返し、ザクセンの貴族層を懐柔したり、あるいはアラー河畔のウェルデンで、反乱を起こした(782)ザクセン人の指導者4500人を処刑する過酷な手段まで用いて、804年ついにこれを平定した。また773年、ランゴバルド王デシデリウスが教皇領を侵したのを口実にイタリアに遠征、翌年首都パビアを占領し、ランゴバルド王国を併合してその王位についた。西方ではイベリア半島のイスラム教徒の脅威を除くため、再三ピレネー山脈を越えて遠征を行い、801年バルセロナを占領、フランクの支配をエブロ川まで広げ、カタルーニャ地方に辺境領を設置して、イスラム支配地域から逃れてきた者を定住させ、防衛の任務を負わせた。さらに東方では、自立性の強かったバイエルンの大公タシロを廃位、バイエルン、ケルンテンの両地方を直轄領とし(788)、796年にはアバール人の国を滅ぼして、パンノニア、ダルマチア地方にまで勢力を広げた。[平城照介]

西ローマ皇帝戴冠

かくてカールは、ほとんどのゲルマン系諸部族を統合し、西はピレネー山脈から東はエルベ川に至る、北は北海沿岸から南は中部イタリアに至る、西ヨーロッパの政治的統一を達成したが、この実力を背景にローマ教皇権と結び、800年にはローマで教皇レオ3世から皇帝として戴冠(たいかん)された。「西ローマ帝国の復活」といわれるこの事件は、西ヨーロッパが東ローマ(ビザンティン)帝国の影響から名実ともに独立したことを示し、812年、東ローマ皇帝ミハエル1世にも、カールの皇帝権を承認させることに成功した。カールはまた794年フランクフルトに全国の教会会議を招集し、聖像崇拝に関するニカイア公会議(787)の決定を受け入れることを拒否させ、西方教会に対する指導権をも確立した。[平城照介]

諸制度の整備

カールはこの広大な領土を支配するため、国内の各部族の部族法典の成文化により、それぞれの部族の独自性をある程度認めるとともに、従来の部族大公制を廃止して、全国をグラーフシャフト(伯管轄区)に組織し、カロリング家の地盤であったアウストラシア地方の豪族層をグラーフGraf(伯)として派遣し、あるいは在地の豪族をグラーフに任命し、領内の裁判、貢租の徴収、兵員の招集などの任務にあたらせ、定期的に国王巡察使を派遣してグラーフを監督させた。また多くの勅令を発して国家機構の整備に努め、とくに豪族層の隷属民化しつつあった自由農民の保護に注意を払うと同時に、封建制度をも積極的に利用したが、このことは中世のヨーロッパ封建諸国家の共通の出発点ともなった。王権の経済的基礎をなしたのは王領地であるが、カールが発布したといわれる(これには異論もある)「御料地令」は、王領地の管理、経営の方法を詳細に規定したもので、彼の関心が経済や社会生活にまで及んでいたことを示している。[平城照介]

後世への影響

伝記作者アインハルトの伝えるところでは、カールはきわめて敬虔(けいけん)な人柄であったとされ、教会や修道院に対しては多くの所領や特権を与えて保護し、高級聖職者に文化上、政治上の重要な任務をゆだね、彼らを王権の重要な支柱とした。とりわけ、カールのイニシアティブに発するカロリング朝ルネサンスの主要な推進者は、これらの高級聖職者であった。すなわち、アーヘンの宮廷を中心に、アルクイン、アインハルト、パウルス・ディアコニスらの聖職者が活躍し、古典文化、キリスト教、ゲルマン民族精神というヨーロッパ文化の三大構成要素は、カール大帝の時代に初めて完全に融合し、政治的にも文化的にも宗教的にも、将来のヨーロッパの歴史的発展の基礎が置かれたということができる。彼の伝記としては、側近に仕えた前述のアインハルトの『カール大帝伝』をはじめ、いくつかのものがあるが、しだいに一種の理想的帝王として偶像化され、中世の武勲詩の主人公ともされた。[平城照介]
『J・カルメット著、川俣晃自訳『シャルルマーニュ』(白水社・文庫クセジュ) ▽J・ブウサール著、井上泰男訳『シャルルマーニュの時代』(1973・平凡社) ▽木村尚三郎編・訳『世界を創ったひとびと第6巻 カール大帝』(1980・平凡社) ▽増田四郎著『西洋中世世界の成立』(1950・岩波全書) ▽アインハルト著、国原吉之助訳『カール大帝伝』(『世界文学大系66 中世文学集』所収・1966・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android