コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール[12世] カール

百科事典マイペディアの解説

カール[12世]【カール】

スウェーデン国王(在位1697年―1718年)。1700年北方戦争を起こして,デンマークに侵入,ナルバの戦ロシア軍を破り,ポーランドに進出。1709年ポルタワの戦でロシア軍に大敗したが,のがれて抗戦継続。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カール[12世]【Karl XII】

1682‐1718
スウェーデン王。在位1697‐1718年。15歳で親政を執り,1700年にザクセン,ポーランド,デンマーク,ロシアの攻撃を受けたため(北方戦争),まずデンマークを制圧した。次いでロシアをナルバで破り,翌年ポーランドに進軍し,06年に講和を結んだ。この間ロシアがバルト海沿岸のスウェーデン領を征服したので,再度ロシアに進攻したが,09年ポルタワで大敗してトルコに逃れ,トルコとともにロシア進撃を企てたが失敗,15年に帰国した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカール[12世]の言及

【オンブズマン】より

…現在のような制度の発祥国はスウェーデンである。原型は,北方戦争に敗れてトルコに逃れた国王カール12世がその5年間の不在中に官吏の職務遂行を監督させるため選任した代理人で,1809年の〈統治憲章〉で新たに〈議会オンブズマン〉が設置された。その後,デンマーク(1953),ノルウェー(1962),ニュージーランド(1962),イギリス(1967),フランス(1973),オーストリア(1977)というように,行政機能の量的・質的拡大を背景に各国に普及した。…

【スウェーデン】より

…その後の王は財政再建を試みて諸改革を行ったが,貴族との対立を深めた。1697年,カール12世(在位1697‐1718)が17歳で親政を開始したが,国際的緊張が高まる中で,ロシア,ポーランド,デンマークはスウェーデンの拡大を封じるため同盟を結んだ。これに対抗して王はオランダ,イギリスと同盟して,1700年にデンマークを攻撃して屈服させ,続いてロシアに進攻し,ピョートル大帝軍をナルバで破った(北方戦争開幕)が,09年のポルタバPoltava(現,ソ連邦ウクライナ)の戦で大敗を喫した。…

【フィンランド】より

…次いでヨハン3世Johan III(在位1568‐92)は1581年フィンランドを大公国に格上げしてロシアに対抗しようとした。またカール9世Karl IX(在位1599‐1611)は重税のために蜂起したフィンランドの農民一揆〈棍棒戦争〉を利用してフィンランド貴族を一掃し(1599),ここに王権を確立した。 次に勇王グスタブ2世のもとで強力となったスウェーデンは,武力によってロシアを封じ込め,1617年ストルボバの和議により東カレリアとイングリアを手に入れ,エストニアを合して,さらにポーランドを押さえ,リボニアまで手中に収めた。…

【北方戦争】より

…とくにロシアのピョートル1世は,バルト海への出口を求めて,1700年スウェーデンに宣戦したが,11月にはフィンランド湾の要塞ナルバで敗北を喫した(ナルバの会戦)。スウェーデンのカール12世は,その後ポーランド,ザクセンへ侵攻し,ポーランド王兼ザクセン選帝侯アウグスト2世の退位とスタニスワフ・レシチンスキの即位を要求し,これを認めさせた。07年8月,スウェーデン軍はロシアへ向かった。…

※「カール[12世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カール[12世]の関連キーワード宮崎安貞元禄の大火カルル12世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ニェゴシュ朝宮崎安貞アウグスト(2世)イギリス・フランス植民地戦争カール(12世)ポーランド史