コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラム(酒) ラム

百科事典マイペディアの解説

ラム(酒)【ラム】

サトウキビの絞り汁か糖蜜を原料として発酵,蒸留し,カラメルで赤褐色に着色したアルコール度の強い(60〜80%)サトウキビ栽培の盛んな世界各地で作られるが,西インド諸島のジャマイカラム,ガイアナのデメラララムが有名。そのまま飲用に,またカクテル用にするが,特有の香気のため,菓子,タバコなどの着香料にも使用。
→関連項目カクテルダイキリバルバドス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラム(酒)の関連情報