コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国学(近世) こくがく

百科事典マイペディアの解説

国学(近世)【こくがく】

近世中期ころから起こった日本の古典文学や古代文化を研究する学問。契沖(けいちゅう)にはじまり,荷田春満(かだのあずままろ),賀茂真淵(かものまぶち)を経て,本居宣長(もとおりのりなが)によって大成された。
→関連項目足代弘訓生田万初山踏上田秋成大国隆正小山田与清擬古文擬古物語元禄文化五井蘭洲古学派国意考国学院大学国語学古事記伝古道学相楽総三攘夷論尊王論竹内式部伊達千広土橋友直中臣祓長野主膳中林竹洞藩学復古神道無窮会物集高見本居大平

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国学(近世)の関連キーワード尊王攘夷運動下河辺長流伊東多三郎倒幕運動国粋主義平田篤胤戸田茂睡水戸学洋学仏教儒教

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android