山田[温泉](読み)やまだ

  • 山田
  • 温泉

世界大百科事典 第2版の解説

長野県北部,上高井郡高山村にある温泉。純食塩泉,58℃。白根山西麓松川渓谷にのぞむ段丘上にわく。1319年(元応1)の発見と伝えられ,古くから付近の山仕事に携わる人々に利用されてきた。湯は松川河岸にわくものを引湯し,滝ノ湯,金毘羅湯などの共同浴場がある。付近に松川の雷滝があり,山田牧場にも近く冬季志賀高原や万座方面へのスキーツアー基地としてもにぎわう。長野電鉄須坂駅からバスが通じている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android