(読み)こん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根(仏教)
こん

仏教で、能力や知覚をもった器官をいう。サンスクリット語のインドリヤindriyaの漢訳で、原語は能力、機能、器官などの意。植物の根が、成長発展せしめる能力をもっていて枝、幹などを生じるところから根の字が当てられた。感覚をおこさせる能力をもつ器官としての目、耳、鼻、舌、身を五根(ごこん)という。また、優れた働きをもたらすもの、すなわち人間を悟りに導く、信(しん)、精進(しょうじん)、念(ねん)、定(じょう)、慧(え)の5種の道徳的な能力をいう。さらに、根は素質、根性、精神的素質、根本条件、最初の原因となるものをも意味する。[阿部慈園]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根の関連情報