コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール[3世] カール

百科事典マイペディアの解説

カール[3世]【カール】

東フランク王国国王(在位876年―887年),西フランク国王(在位885年―887年)。肥満王der Dickeとも。東フランク国王ルートウィヒ2世(ドイツ人王)の末子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カール[3世]【Karl III】

839‐888
東フランク王(在位876‐887),西フランク王(在位885‐887)。通称〈肥満王der Dicke〉。ルートウィヒ2世の三男。876年東フランクのアレマニエン分国を継ぎ,2人の兄の早世から882年東フランク単独王となる。この間,879年にイタリア王位を,881年に帝位を得,さらに885年には西フランク王位を得るが,ノルマン人との戦いで非力を露呈し,887年甥アルヌルフ(ケルンテンの)と東フランク貴族により廃位された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カール[3世]の関連キーワードフランク王国ケルンテン