千(漢字)

普及版 字通「千(漢字)」の解説


常用漢字 3画

[字音] セン
[字訓]

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 形声
声符は人(じん)。卜文・金文は、人の下部に肥点を加えて、人と区別する。〔説文〕十部三上に「十百なり。十に從ひ、人に從ふ」と会意に解するが、〔伝〕には人声とする。金文に「年」を「人」としるす例があって、人を年の意に用いる。人にその声もあったのであろう。卜文に二千・三千を、人の下部に二横画・三横画を加えてしるす例があるので、千が人声に従う字であったことは疑いがない。

[訓義]
1. せん。数のせん、ち。
2. ちたび、おおい。
3. に通じ、草のしげるさま。

[古辞書の訓]
名義抄〕千 チチ/一千 ヒトチヂ/且千 -トチヂバカリナリ

[声系]
〔説文〕に千声として年など三字を収める。年の初形は(か)の下に人をしるしている。禾形のものを戴いて舞う人の形で、禾は稲魂(いなだま)。おそらく祈年の舞であろう。その舞う女を委・季という。年はもと年穀の意であった。

[語系]
千・仟・阡tsyenは同声。仟は〔説文〕未収の字。〔漢書、食貨志上〕に「仟佰(せんはく)の得」の語があり、千銭をいう。阡は〔説文新附〕十四下に「路の~南北なるを阡と爲す」とあり、東西を陌というのに対する語で、数の意味はない。

[熟語]
千鎰・千衛・千億・千家・千・千巌・千騎・千金・千鈞・千斤・千軍・千計・千頃・千言千古・千戸・千缸・千劫・千差・千歳・千載・千山・千祀・千思千駟・千七・千室・千日・千社千種・千樹・千愁千秋・千緒・千鍾・千觴・千乗・千状・千丈・千仞千尋・千声・千尺・千石・千足・千朶・千態千代・千重・千張・千度・千人・千年・千念・千佰・千帆・千般・千百・千廡・千夫・千聞・千兵・千変・千片・千・千畝・千峯・千万・千眠・千門・千憂千里・千慮・千縷・千齢・千錬・千廬
[下接語]
盈千・億千・秋千・十千・数千・直千・当千・万千・百千

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる