コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉[県] さいたま

百科事典マイペディアの解説

埼玉[県]【さいたま】

関東地方の西部中央の県。県庁所在地はさいたま市。3797.75km2。719万4556人(2010)。 県南部では1950年代後半から各地に公団の大型団地や県市町村,民間業者による宅地造成が急速に進んで,東京都への通勤者が激増している。市の数が40,全国最小の蕨市をはじめ10km2以下の市の数が3あるという特性をもっている。〔沿革〕 古くは東京都とともに武蔵国をなした。古代には渡来人の集団移住によって新文化,新技術の中心となり,平安時代には武蔵七党,関東八平氏の根拠地となった。江戸時代は忍(おし),岩槻,岡部,川越の4藩と多くの天領がおかれ,江戸の食糧供給地として新田の開発や野火止用水,見沼代用水などの整備が盛んに行われた。1871年の廃藩置県によって入間(いるま)県,忍県,岩槻県,川越県,熊谷県などがおかれ,1876年に現在の埼玉県に統合された。〔自然〕 西部山地,中央部の丘陵地・台地,北部から東部にかけての低地帯の三つの地域に分けられる。西部の秩父山地には,甲武信ヶ岳(こぶしがたけ),雲取山などがそびえ,その東部には秩父盆地がある。中央部の丘陵地・台地は関東平野の一部をなすが,丘陵地は比企(ひき)・大里・児玉郡に散在する。台地は県の中央にある大宮台地と,東京都にまたがる武蔵野台地からなり,関東ロームにおおわれる。利根川荒川江戸川に沿う北部・東部の低地帯は関東平野の中心をなす。太平洋岸式気候に属し,冬は快晴が多く,季節風が強い。春先に強風が吹き,晩霜も多い。夏は内陸性の気候で暑さがきびしい。〔産業〕 産業別人口構成は第1次2.2%,第2次26.8%,第3次68.4%(2005)。耕地率は22.5%(2003)と高く,東京都の近郊農業地として施設園芸によるキュウリ,ホウレンソウなどの野菜栽培が特に盛ん。特産物には川口市安行(あんぎょう)の苗木,狭山地方の茶,久喜市・児玉郡のナシがある。工業は製造品出荷額で13兆691億円(2003)を上げ,関東地方で2位の位置にある。京浜工業地帯に属する県南の近代工業地区と,繊維・織物工業を基盤とする西関東型の工業地区に分けられる。前者は川口,さいたま,上尾(あげお)など高崎線沿いに立地する輸送用機械,機械,電気機器,食品などの工業が主である。後者の繊維・織物工業は秩父,熊谷,飯能,本庄,羽生,加須(かぞ),行田などの市で発達していたが,衰退しており,電気機器,一般機器,精密機器などの工業が増加している。伝統的工業として,川口市の鋳物と釣竿(つりざお),行田市の足袋(たび),岩槻市の人形,小川町の和紙,深谷市の瓦などが有名ではあるが,工業団地の造成などにより,減少している。長瀞(ながとろ),狭山丘陵などは東京近郊の観光地としてにぎわい,三峰山,中津峡などがある奥秩父は秩父多摩甲斐国立公園の主要部をなす。〔交通〕 鉄道は東京を中心として県全体に放射状に発達し,東北・上越新幹線,東北本線,高崎線,京浜東北線,埼京線,八高線,東武鉄道伊勢崎・日光・東上各線,西武鉄道池袋・新宿・秩父各線,埼玉高速鉄道線などが通じ,これらを横に連絡するものに川越線,武蔵野線,東武野田線,秩父鉄道がある。また1970年代に東北・関越の各自動車道,1980年代に常磐自動車道,1990年代にはそれらを横につなぐ東京外環・首都圏中央連絡の各自動車道も通じて東京への道路網が,一段と発達してきている。
→関連項目関東地方

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいたま【埼玉[県]】

面積=3797.28km2(全国39位)人口(1995)=675万9311人(全国5位)人口密度(1995)=1780人/km2(全国4位)市町村(1997.4)=43市38町11村県庁所在地=浦和市(人口=45万3300人)県花=サクラソウ 県木=ケヤキ 県鳥=シラコバト関東地方の中央部を占める内陸県。東京都のほか,千葉,茨城,栃木,群馬,長野,山梨の6県に隣接する。
沿革
 県域はかつての武蔵国の北部と下総国の一部にあたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

埼玉[県]の関連キーワードさいたま[市]サクラソウ人口密度市町村ケヤキ浦和市全国県木県鳥県花

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android