岐阜[市](読み)ぎふ

百科事典マイペディアの解説

岐阜[市]【ぎふ】

岐阜県南部,濃尾平野北部の市。1889年市制。県庁所在地。中心市街は古く井ノ口と称し,戦国時代斎藤道三が長良(ながら)川左岸の金華山に築城して城下町が造られた。1567年織田信長の入城後井ノ口を岐阜と改称,以後城下町,商業町として発展した。各務原(かかみがはら)市との境に東海北陸自動車道岐阜各務原インターチェンジ入口があり,東海道本線,名鉄各線が通じ,高山本線の起点をなす。紡織の大工場が多く,市の製造品出荷額の約15%(2003)を占めており,岐阜駅前の問屋街で既製服の取引が活発。岐阜ちょうちん,和傘(わがさ),うちわは古くからの特産物。岐阜(稲葉)城跡に岐阜公園があり,長良川では鵜飼いが行われる。名和昆虫博物館がある。2006年1月羽島郡柳津町を編入。203.60km2。41万3136人(2010)。
→関連項目小川市加納加納市加納藩岐阜[県]岐阜城岐阜大学瑞穂[市]山県[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎふ【岐阜[市]】

岐阜県南西部にある県庁所在都市。1889年市制。人口40万7134(1995)。中心市街地は濃尾平野北部,長良川の扇状地の扇頂部に位置し,戦国時代斎藤道三が金華山(稲葉山)に城を築き,その城下町から発達した。1567年(永禄10)織田信長が斎藤氏を亡ぼして入城し,それまで井ノ口と称していた町を岐阜と改め,職人,商人を集めて城下町を繁栄させた。織田氏が亡びて城は中山道宿場の加納に移され,江戸時代の岐阜は尾張藩領の町人の町として再出発し,また谷口集落として長良川の舟運による物資の集散地の機能を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岐阜[市]の言及

【策彦周良】より

…詩文集に《謙斎詩稿》《南遊集》《謙斎雑稿》《城西聯句》などがあり,《策彦和尚初渡集(入明記初渡集)》《策彦和尚再渡集(入明記再渡集)》の両書は,1539年(天文8)遣明副使として,47年正使として入明し,日明外交使節で活躍したときの記録である。大内義隆や武田信玄の優遇を受け,また織田信長にあつく帰依され,岐阜の地名は信長の要請を受けて撰したことで知られている。【竹貫 元勝】。…

※「岐阜[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android