コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手[町](読み)いわて

百科事典マイペディアの解説

岩手[町]【いわて】

岩手県中北部,岩手郡の町。中心の沼宮内(ぬまくない)は北上川に沿い,奥州街道宿駅として発達,アイジーアールいわて銀河鉄道が通じるほか,2002年に東北新幹線延伸,いわて沼宮内駅を開設。畜産畑作を行うほか,米,タバコも産する。御堂(みどう)に竪穴(たてあな)住居跡,土川に浮島古墳群がある。東日本大震災で,町内において被害が発生。360.46km2。1万4984人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわて【岩手[町]】

岩手県北部,岩手郡の町。人口1万8264(1995)。北上高地奥羽山脈のはざまにあり,標高300~500mのゆるやかに起伏する丘陵性山地が広く分布する。中央西寄りを南流する北上川に沿って東北本線,国道4号線が走る。中心集落の沼宮内(ぬまくない)は奥州街道の宿駅として古くから発達した。米作,タバコ栽培,畜産を中心とする農林業が基幹産業である。北上川の源泉である弓弭(ゆみはず)の清水が湧く北上山御堂観音が御堂地区にあり,参詣人や観光客でにぎわう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android