コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森[町] もり

百科事典マイペディアの解説

森[町]【もり】

北海道茅部(かやべ)郡の町。JR函館本線,道央自動車道,国道5号線,278号線が通じる。東に駒ヶ岳がそびえ,北は内浦湾に臨む。かつてはニシン・イワシ漁で栄えた。

森[町]【もり】

静岡県西部,周智郡の町。南部にある中心の森は太田川渓口集落で,江戸時代は秋葉(あきは)街道の宿場町新東名高速道路天竜浜名湖鉄道が通じる。丘陵地,山地が広く,茶,シイタケ,木材を多産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もり【森[町]】

北海道南西部,渡島(おしま)半島の太平洋側に位置する渡島支庁茅部郡の町。人口1万5672(1995)。北は内浦湾に面し,東端に駒ヶ岳がそびえる。中心市街は函館本線森駅付近にあり,砂原回りの支線との分岐点で,国道5号線と278号線の分岐点でもある。16世紀初め,箱館,江差の和人がニシン漁のために定住し,漁業集落が発達した。明治初期から大正末期まで対岸の室蘭との間に定期船が運航され,また函館との間に道路も開通し,函館と札幌を結ぶ中継地として発展した。

もり【森[町]】

静岡県西部,周智郡の町。人口2万1321(1995)。北部山地から流れ出た三倉川と吉川が合流して太田川となり,町の中心部を南流する。天竜浜名湖鉄道線が通じる中心の森は太田川の谷口集落で,江戸時代には,信州街道(秋葉街道)の宿場町,物資の集散地として栄えた。北部は大部分が山林で,木材とシイタケの生産が盛んなほか,茶も多産する。中部から南部一帯は川沿いに低地が広がり,稲作とレタス栽培,温室でのメロン栽培などが行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森[町]の関連キーワード駒ヶ岳(北海道)横手盆地伊那盆地阿武隈川天竜川

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android