食(漢字)

普及版 字通「食(漢字)」の解説


常用漢字 9画

(旧字)
9画

[字音] ショク・ジキ・シ
[字訓] たべもの・くらう・やしなう

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 象形
食器である(き)(皀)に蓋(ふた)をした形。金文を、文献には(き)に作るが、本来竹器ではない。〔説文〕五下に「米を(あつ)むるなり。皀に從ひ、(しふ)聲」(段注本)とするが、は器の蓋の形。飲食の字は金文に多く(し)に作り、「飮」、また「(くわいいう)(謀)(あやま)(食)たず」のように用いる。卜辞によると、古人は日に二食で、大食小食という。また大采・小采ともいい、日を送迎する礼であるが、それがまた食事のときでもあった。また日月のをもいう。

[訓義]
1. たべもの、食うもの、食事。
2. くらう、はむ、めす、のむ、くらす。
3. やしなう、ふやす、ふえる。
4. あやまつ、たがう、けす、なくす。
5. 日月の食、

[古辞書の訓]
和名抄指 楊氏語抄に云ふ、頭指、比斗佐之乃於與比(ひとさしのおよび)〔名義抄 クヒモノ・ハム・クフ・モノクフ・ケ・モチヰル・ヤシナフ・イツハル・クラフ 〔字鏡集〕 タカラ・モノクフ・クヒモノ・メス・ヤシナフ・イツハリ・ムサブル・クフ・クラフ・ハム・ケ

[部首]
〔説文〕に六十一字と重文十八字、〔新附〕二字を属し、〔玉〕にはすべて百十九字を属する。

[声系]
〔説文〕に声として(飾)・の三字を収める。すべてに従う形である。はまたに作り、食の蠹敗(とはい)するものをいう。飭は〔説文〕十三下に「堅を致すなり」とあって、音は敕(ちよく)、営塁などを治める意であるという。

[語系]
djik、(飼)ziは声義近く、名詞は動詞的な字であろう。djikはと同声。〔説文〕十三上に「は敗創なり」とあって、蠹敗することをいう。また日月の食にも用いる。

[熟語]
・食案・食医・食飲・食盂・食咽・食閻・食過・食貨・食・食角・食監・食気・食既・食器・食餽・食客・食挙・食・食・食頃・食齧・食犬・食言・食口・食穀・食采・食斉・食菜食指・食子・食斉・食肆・食時・食次・食・食日・食炙・食酒・食粥・食・食色・食甚・食性・食籍・食絶・食前・食膳・食倉・食息・食粟・食胎・食卓・食単・食啖・食啗・食淡・食地・食・食田・食土・食堂・食品・食貧・食母・食奉・食封・食俸・食墨食味・食物・食邑・食余・食輿・食用・食欲・食料・食・食糧・食力・食禄・食礼
[下接語]
悪食・衣食・飲食・火食・会食・甘食・食・寒食・間食・艱食・寄食・匱食・虧食・饋食・給食・挙食・玉食・禁食・欠食・血食・月食・減食・耕食・穀食・乞食・坐食・菜食・蚕食食・耳食・主食・酒食・終食・熟食・黍食・少食・稍食・冗食・稷食・食・侵食・浸食・寝食・節食・絶食・鮮食・膳食・素食・食・粗食・疎食・食・族食・卒食・損食・多食・大食・退食・貪食・食・断食・朝食・鼎食・徒食・食・肉食・日食・配食・陪食・飯食・伴食・非食・美食・食・稟食・服食・副食・粉食・兵食・米食偏食飽食・暴食・卜食・眠食・夜食・薬食・遊食・粒食・旅食・料食・糧食・廩食・禄食

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android