コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『日本書紀』 ニホンショキ

とっさの日本語便利帳の解説

『日本書紀』

養老四(七二〇)年、舎人親王らによって編纂。全三〇巻。神代から持統天皇までの歴史編年体で記述。律令制度などの新体制に応じて、歴史の神話離れが進んでいるのが特徴。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『日本書紀』の関連キーワードニニギノミコト(瓊瓊杵尊)ツキヨミノミコト(月読尊)奈良・飛鳥の「国道」遺跡始馭天下之天皇播磨稲日大郎姫日本書紀纂疏神武東征伝説豊後国風土記軽大娘皇女仮名日本紀和珥武振熊陶邑窯跡群吉備御友別孝元天皇開化天皇平群真鳥懿徳天皇葦原中国天香久山孝霊天皇

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『日本書紀』の関連情報