うじゃうじゃ(読み)ウジャウジャ

デジタル大辞泉の解説

うじゃ‐うじゃ

[副](スル)
同種のものや似たようなものがたくさん集まってうごめいているさま。特に小さいものにいう。「タレント志願の若者がうじゃうじゃいる」「毛虫がうじゃうじゃ(と)している」
いつまでも、しまりなく長引くさま。ぐずぐず。くどくど。「くだらないことをうじゃうじゃ言うな」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うじゃうじゃ

( 副 ) スル
小虫などがたくさんうごめいているさま。 「うじ虫が-(と)うごめく」
くどくどと、うるさく言うさま。 「何を-言っているんだ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うじゃ‐うじゃ

〘副〙 (「と」を伴う場合もある)
① 虫など小さいものがたくさん集まってうごめいているさま。うざうざうじょうじょうようよ
※咄本・軽口蓬莱山(1733)一「人はけし粒(つぶ)ほどなり。うぢゃうぢゃする所を見れば、魚(うを)(いち)と見へ」
② ぐずぐずと長びくさま。また、話などが長たらしく際限のないさま。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉幼少の時「私は客などがウヂャウヂャ酒を呑むのは大嫌ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うじゃうじゃの関連情報