しんねりむっつり

精選版 日本国語大辞典「しんねりむっつり」の解説

しんねり‐むっつり

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある) 性質態度陰性だったり、鈍重だったりして、はきはきせず、無口なさまを表わす語。
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「裔一は平べったい顔の黄いろ味を帯びた、しんねりむっつりした少年で」
[2] 〘名〙 はきはきせず、無口で煮えきらない陰性な性質。また、そういう人。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「あんな眼色(めつき)の人に限って〈略〉しんねりむっつりが多いものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しんねりむっつり」の解説

しんねり‐むっつり

[副](スル)態度・性質などが陰気で、心に思うことをはっきりと言わないさま。「しんねりむっつり(と)した男」
[類語]陰気陰性内向陰気臭い内気弱気引っ込み思案気弱内弁慶陰弁慶臆病大人しいこわがり小心小胆怯懦怯弱意気地なし小心翼翼弱腰薄弱惰弱柔弱軟弱優柔不断やわやわ弱弱しい女女しい弱音を吐く・音を上げる悲鳴を上げる・気が弱い腰が弱い煮え切らない肝が小さい・肝っ玉が小さい・温順柔順従順温柔温良順良素直穏和おだやか物静かおとなしやか控えめ優しい・内向的・人見知りシャイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android