コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドン[川] ドン

2件 の用語解説(ドン[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドン[川]【ドン】

ロシア平原南西部の川。中央ロシア高地に発して南流,ボルガ・ドン運河ボルガ川と通じ,人造のツィムリャンスク湖を経てアゾフ海タガンログ湾に注ぐ。中流以下は河流がきわめてゆるやかなため〈静かなドン〉と呼ばれる
→関連項目黒海ロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドン[川]【Don】

ロシア連邦西部,中央ロシア丘陵にはじまり,南流してアゾフ海にそそぐ川。長さ1870km,流域面積42万2000km2。はじめトゥーラ市東方の中央ロシア丘陵北部(モスクワの南約200km)から南に流れおち,丘陵の東端沿いに南下してボロネジ付近で平野に出,ついで南南東に向きを変えてボルガ川に接近する。この地点にツィムリャンスク貯水池,発電所,ボルガ・ドン運河の入口がある。ついで南西~西に向きを変えて広い平野を緩流,右岸からセベルナヤ・ドネツ川を合わせ,ロストフ・ナ・ドヌー,アゾフの両市を過ぎて,340km2の三角州をつくりアゾフ海にそそぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone