豊富(町)(読み)とよとみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊富(町)
とよとみ

北海道北部、宗谷(そうや)総合振興局管内の町。1959年(昭和34)町制施行。日本海に面し、稚内(わっかない)市の南部に接する。JR宗谷本線、国道40号が通じる。東部は天塩(てしお)山地西縁の丘陵地、西部は天塩平野の北部にあたる広大な泥炭地サロベツ原野が広がり、水稲作付け限界外の地で、早くから酪農振興策がとられ、宗谷地方でもっとも多頭飼育が進んでいる。炭田、油田、ガス田があるが、1972年までに炭田、油田とも閉山、現在は天然ガスが家庭燃料などに利用されている。漁業では秋サケ、ホッキガイを漁獲する。サロベツ原野には兜(かぶと)沼、ペンケ沼などの湖沼のほか、サロベツ原生花園、稚咲内(わかさかない)海岸砂丘林などがあり、利尻礼文(りしりれぶん)サロベツ国立公園に指定されている。町の南には豊富温泉がある。面積520.67平方キロメートル、人口4378(2010)。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊富(町)の関連情報