重(漢字)

普及版 字通「重(漢字)」の解説


常用漢字 9画

[字音] ジュウ(ヂュウ)・チョウ
[字訓] おもい・かさなる

[説文解字]
[金文]

[字形] 会意
東(とう)+土。東は(たく)の初文で、その象形。〔説文〕八上に「厚きなり」と訓し、「(てい)に從ひ、東聲」というが、東が重の主体であり、(ふくろ)の形である東の下に錘(おもり)のように土を加えた形で、重量を示す字である。そのの入口に流し口の形をそえたものは量。主として穀物を量るものであるから、の中のものを糧という。重量の意よりして重圧重層・重要・威重などの意となる。

[訓義]
1. おもい、重量がある。
2. かさなる、くわえる、ます。
3. おもおもしい、ふかい、あつい、たっとい、おごそか。
4. ゆっくり、ただしい、ゆるやか、てあつい。
5. はばかる、おそれる、わずらう。
6. みごもる。
7. 腫と通じ、むくむ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕重 オモシ・タフトブ・カサヌ・カサナル・ワヅラフ・シゲシ・シキル・コノム/百重 モモカサナリ 〔字鏡集〕重 ヨシ・オモシ・カサナル・タフトシ・タタム・コノム・ワヅラフ・オホシ・ネンゴロ・アツシ・ツツシム・シゲシ・シキル

[声系]
〔説文〕に重(じゆう)声として踵・種・・動・(童)など十字を収める。(どう)声の(鐘)なども同系とみてよく、は古くは鍾としるした。おおむね重の声義を承け、継続・増益などの義を含む。

[語系]
重・種・diongは同声。は〔説文〕十三上に「するなり」とあり、は〔玉〕に「なり」とあって、複(重複)の意。踵・腫・鍾tjiongも声義近く、踵は継続、腫・鍾には増益の意がある。

[熟語]
重圧・重囲・重威・重位・重恩・重科・重劾・重器・重寄・重禁・重刑・重固・重痼・重厚・重婚重罪・重賜・重施・重事・重疾・重囚・重傷・重賞・重職重臣重税重責・重租・重層・重・重濁・重誅・重徴・重鎮重典重任・重農・重罰・重犯・重藩重病・重物・重辟・重望・重量・重斂・重賂・重禄・重賄・重衣・重頤・重・重陰・重・重・重紆・重雲・重暈・重英・重穎・重謁・重檐・重淵・重屋・重価・重華・重閣・重較・重関・重・重巌・重規・重毅・重客・重弓・重裘・重九・重・重衾・重勲・重京・重敬・重軽・重険・重繭・重圏・重重憲・重・重玄・重辜・重午・重五・重困・重昏・重歳・重貲・重資・重車・重修・重・重襲・重出・重霄・重壌・重畳・重慎・重身・重世・重席・重舌・重泉・重薦・重膳・重素・重装・重尊・重戴・重代・重遅・重・重瞳・重堂・重拝・重貧・重風・重複重幣重溟・重門・重訳重陽・重来重酪・重卵・重覧重巒・重重霤・重累
[下接語]
威重・懿重・一重・過重・雅重・寛重・簡重・幾重・貴重・器重・九重・敬重・軽重・権重・厳重・厚重・至重・輜重自重・持重・粛重・畳重・深重・慎重・推重・翠重・数重・積重・千重・荘重・尊重・体重・端重・沈重・珍重重・典重・任重・万重・百重・偏重・累重

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android