コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガタリ ガタリ Guattari, Pierre- Felix

5件 の用語解説(ガタリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガタリ
ガタリ
Guattari, Pierre- Felix

[生]1930.4.30. コロンブ
[没]1992.8.29. ブロア近郊
フランス精神科医,哲学者。確立された精神分析学,哲学,社会学に挑戦したアンチ精神医学運動のリーダーのひとり。 1956年のソ連によるハンガリー侵攻を批判したためフランス共産党から除名されたが,左翼の活動家であり続け,68年の学生の蜂起では学生を支持した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガタリ(Félix Guattari)

[1930~1992]フランスの精神医学者・思想家。精神分析の手法を用いて現代文明批判を展開し、ポスト構造主義の先駆者の一人となった。ドゥルーズとともに既存の階層的体系を批判し、より横断的・流動的リゾームノマドの概念を提示した。著「分子革命」、ドゥルーズとの共著「アンチ‐オイディプス」「千のプラトー」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガタリ

フランスの精神科医。ラカンに学び,1960年代より精神病院の枠を打破する医療活動を始めるとともに左翼政治運動に加わる。1968年の五月革命で活動後,ドゥルーズと出会い,分裂症分析の概念などを提示しつつ《アンチ・オイディプス》(1972年)を共著。
→関連項目ポスト構造主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ガタリ【Félix Guattari】

1930~1992) フランスの精神分析家・思想家。ジル=ドゥルーズとの共著「アンチ-オイディプス」や、リゾーム・分子革命などの独自の概念を用いた現代文明批判で知られる。他に著「分子革命」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガタリ
がたり
Flix Guattari
(1931―1992)

フランスの哲学者。パリ大学を卒業。精神科の医者としてラボルドに病院を開設し、精神分析による診療を続けながら、同時に哲学関係の著作を数多く発表した。とくに1972年、ドルーズとの共著『資本主義と精神病』の第1巻『アンチ・オイディプス』で注目を集めた。社会主義と資本主義という二つの異なった体制を精神分析の手法で分析し、ポスト構造主義の先駆者となった。「スキゾ(分裂型)」や「リゾーム地下茎)」などの独特な用語を用いた。ほかにドルーズとの共著で『哲学とは何か』がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガタリの関連キーワードコロンブスの卵コロンブスデーロンドンブーツコロンバイトコロンブスの呪縛を解け22世紀のコロンブスふしぎコロンブス海賊王国コロンブスコロンブレト岩コロンブスの家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガタリの関連情報