コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガタリ Guattari, Pierre- Felix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガタリ
Guattari, Pierre- Felix

[生]1930.4.30. コロンブ
[没]1992.8.29. ブロア近郊
フランスの精神科医,哲学者。確立された精神分析学,哲学,社会学に挑戦したアンチ精神医学運動のリーダーのひとり。 1956年のソ連によるハンガリー侵攻を批判したためフランス共産党から除名されたが,左翼の活動家であり続け,68年の学生の蜂起では学生を支持した。パリ大学を卒業後,精神分析学者 J.ウリーがつくったパリ郊外のラ・ボルド精神病院で斬新な治療を試みた。 64年に精神分析学者 J.ラカンが創設したパリ・フロイト学派に加わりともに活動した。哲学者 G.ドゥルーズと著した『アンチ・オイディプス』L'Anti-oedipe (1972) ,『千のプラトー』 Mille plateaux (80) などは多大な影響を及ぼした。 92年には地方選挙で緑の党の候補として出馬したが落選した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガタリ(Félix Guattari)

[1930~1992]フランスの精神医学者・思想家。精神分析の手法を用いて現代文明批判を展開し、ポスト構造主義の先駆者の一人となった。ドゥルーズとともに既存の階層的体系を批判し、より横断的・流動的なリゾームノマドの概念を提示した。著「分子革命」、ドゥルーズとの共著「アンチ‐オイディプス」「千のプラトー」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガタリ

フランスの精神科医。ラカンに学び,1960年代より精神病院の枠を打破する医療活動を始めるとともに左翼政治運動に加わる。1968年の五月革命で活動後,ドゥルーズと出会い,分裂症分析の概念などを提示しつつ《アンチ・オイディプス》(1972年)を共著。その後も精神医療と政治を結ぶ活動を展開,《精神分析と横断性》(1972年),《分子革命》(1977年)やプルースト論《機械状無意識》(1979年)を著しつつ再びドゥルーズと《千のプラトー》(1980年)を著す。1980年代には《分裂症分析の地図製作法》を著すとともに医療闘争,エコロジー運動と旺盛に活動,三たびドゥルーズと《哲学とは何か》(1991年)を公刊した。
→関連項目ポスト構造主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ガタリ【Félix Guattari】

1930~1992) フランスの精神分析家・思想家。ジル=ドゥルーズとの共著「アンチ-オイディプス」や、リゾーム・分子革命などの独自の概念を用いた現代文明批判で知られる。他に著「分子革命」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガタリ
がたり
Flix Guattari
(1931―1992)

フランスの哲学者。パリ大学を卒業。精神科の医者としてラボルドに病院を開設し、精神分析による診療を続けながら、同時に哲学関係の著作を数多く発表した。とくに1972年、ドルーズとの共著『資本主義と精神病』の第1巻『アンチ・オイディプス』で注目を集めた。社会主義と資本主義という二つの異なった体制を精神分析の手法で分析し、ポスト構造主義の先駆者となった。「スキゾ(分裂型)」や「リゾーム(地下茎)」などの独特な用語を用いた。ほかにドルーズとの共著で『哲学とは何か』がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガタリの関連キーワードネグリ(Antonio Negri)ジラール(René Girard)ポスト・モダニズムG. ドゥルーズrhizome器官なき身体ノマディスム佐賀県鹿島市ノマドロジーシモンドンカオスモス中村雄二郎吉田敦彦ビリリオ北乃きい脱領土化戦争機械佐賀県浅田彰パラノ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガタリの関連情報