広量・宏量(読み)こうりょう

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐りょう クヮウリャウ【広量・宏量】

〘名〙 (形動)
① 度量が広いこと。心が大きいこと。また、そのさま。⇔狭量
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二四「殊にモンテインは広量(クヮウリャウ)大度、且つ学術の長ずるを以て大に之を愛敬す」
※今昔(1120頃か)二六「汝狐、只試(こころみ)よ。狐は変化有者なれば、必ず今日の内に行着ていへとて放てば、五位、広量の御使哉といへば」
③ (━する) =こうりょう(荒涼)
※今昔(1120頃か)二七「然れば女、然様に人離れたらむ所にて、不知ざらむ男の呼はむをば、広量して不行まじき也けり」
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「誇詡とは広量なことを云ぞ」
[語誌]→「こうりょう(荒涼)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android