コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標本(統計) ひょうほん

百科事典マイペディアの解説

標本(統計)【ひょうほん】

サンプルsample,試料とも。調査や検査のため母集団から選び出した一部のものをいう。標本に含まれる単位体または単位量の数を標本の大きさという。→抽出法
→関連項目推測統計学標本調査無作為抽出

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

標本(統計)の関連キーワード検索パス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone