コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標本(統計) ひょうほん

1件 の用語解説(標本(統計)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

標本(統計)【ひょうほん】

サンプルsample,試料とも。調査や検査のため母集団から選び出した一部のものをいう。標本に含まれる単位体または単位量の数を標本の大きさという。→抽出法
→関連項目推測統計学標本調査無作為抽出

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

標本(統計)の関連キーワードテンプルアンプルシンプルちゃんぷるうアンプルラインディンプル流痕ランダム・サンプルサンプル・バイヤーサンプル・メーリング・ピース尿サンプル (urine sample)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone