コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猶・尚 なお

大辞林 第三版の解説

なお【猶・尚】

( 副 )
以前の状態がそのまま続いているさまを表す。
相変わらず。いぜんとして。 「今も-美しい」 「今-語り継がれている」
引き続いて。もとのとおり。 「 -いっそうのお引き立てを」 「 -しばし試みよ/源氏 桐壺
以前の状態や他の同類のものと比べて程度が進んでいるさま。
ますます。よりいっそう。 「手術して-悪くなった」 「そのほうが-都合がいい」
(好ましくないと思う気持ちを強調して)さらに。もっと。 「うそをつくほうが-悪い」 「げに畜類にも-おとれり/沙石 八・古活字本
それにさらに付け加える余地があるさまを表す。まだ。 「試験まで-一〇日ある」 「憎んでも-余りある」
前の語を受けて強調する意を表す。…でさえも。でも。 「昼-暗い杉並木」
(漢文訓読に由来する語法で、下に、「如し」を伴う)あたかも。ちょうど。 「過ぎたるは-及ばざるが如し」 「上古-かくのごとし、況や末代においてをや/平家 10
(当然のこととして)なんといっても。やはり。たしかに。 「世の中に-いと心憂きものは人ににくまれんとこそあるべけれ/枕草子 267
( 接続 )
ある事柄を述べたあとにほかのことを言い添えるときに用いる語。さらに申しますと。付け加えていえば。 《尚》 「取りあえず御報告まで。-詳細は追ってお知らせします」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android