コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猶・尚(読み)なお

大辞林 第三版の解説

なお【猶・尚】

( 副 )
以前の状態がそのまま続いているさまを表す。
相変わらず。いぜんとして。 「今も-美しい」 「今-語り継がれている」
引き続いて。もとのとおり。 「 -いっそうのお引き立てを」 「 -しばし試みよ/源氏 桐壺
以前の状態や他の同類のものと比べて程度が進んでいるさま。
ますます。よりいっそう。 「手術して-悪くなった」 「そのほうが-都合がいい」
(好ましくないと思う気持ちを強調して)さらに。もっと。 「うそをつくほうが-悪い」 「げに畜類にも-おとれり/沙石 八・古活字本
それにさらに付け加える余地があるさまを表す。まだ。 「試験まで-一〇日ある」 「憎んでも-余りある」
前の語を受けて強調する意を表す。…でさえも。でも。 「昼-暗い杉並木」
(漢文訓読に由来する語法で、下に、「如し」を伴う)あたかも。ちょうど。 「過ぎたるは-及ばざるが如し」 「上古-かくのごとし、況や末代においてをや/平家 10
(当然のこととして)なんといっても。やはり。たしかに。 「世の中に-いと心憂きものは人ににくまれんとこそあるべけれ/枕草子 267
( 接続 )
ある事柄を述べたあとにほかのことを言い添えるときに用いる語。さらに申しますと。付け加えていえば。 《尚》 「取りあえず御報告まで。-詳細は追ってお知らせします」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android