コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『万葉集』 マンヨウシュウ

とっさの日本語便利帳の解説

『万葉集』

日本現存最古の歌集。全二〇巻に四五〇〇首余を収める。撰者、成立については諸説あるが、大伴家持(おおとものやかもち)が主要な役割を果たし、八世紀半ばに編集されたと考えられる。仁徳天皇の皇后の歌(三一四)を巻中最古とみなせば、最も新しい家持の新春賀歌(七五九)まで四〇〇年以上の長きにわたる歌が集められている。代表的な歌人は、天智天皇、天武天皇、額田王(ぬかたのおおきみ)、柿本人麻呂高市黒人(たけちのくろひと)、山部赤人山上憶良大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)、大伴家持など。歌体は、長歌、短歌、旋頭歌(せどうか。五七七を反復した六句体)を主とし、内容からは、相聞歌(そうもんか。恋愛の歌。肉親愛、友情も含む)、挽歌(ばんか。死を悼む歌)、雑歌(ぞうか。相聞歌、挽歌以外の歌)に分類される。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『万葉集』の関連キーワード奈良県立万葉文化館福井県越前市余川町元暦校本万葉集海犬養岡麻呂狭野茅上娘子狭野弟上娘子伊香保〈町〉散木奇歌集桂本万葉集貧窮問答歌天香具山十市皇女穂積親王武田祐吉雨晴海岸海ゆかば恩納ナベ天香久山今井似閑海石榴市

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『万葉集』の関連情報