コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関[温泉] せき

百科事典マイペディアの解説

関[温泉]【せき】

新潟県中頸城(なかくびき)郡妙高村(現・妙高市),妙高山東麓の温泉。大田切川と片貝川にはさまれた,標高900mの高原にわく。含鉄食塩泉。45℃。中世,妙高山の修験者によって用いられ,江戸時代には湯小屋が建てられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せき【関[温泉]】

新潟県南西部,中頸城(なかくびき)郡妙高村にある温泉。泉質は含食塩炭酸鉄泉,泉温46℃。妙高山東麓の標高900mに位置し,南西方は黒姫山,戸隠山,北は高田平野から日本海までを望む。空海発見という伝説があり,享保年間(1716‐36)に岡山の人宝蔵院一泰が道を拓いて浴舎を設けたという記録もある。1913年国設スキー場が開設され温泉街も近代化された。信越本線関山駅からバスの便がある。【谷沢 明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の関[温泉]の言及

【妙高温泉郷】より

…新潟県南西部,妙高山(2446m)東麓の妙高高原に開けた温泉郷。標高の高い順に,約1100mの燕(つばめ)温泉(含土類セッコウ泉,45℃),約900mの関温泉(含鉄食塩泉,46℃),700~800mの赤倉温泉(重炭酸土類泉,60℃),池ノ平温泉(単純泉,60℃),500~600mの妙高温泉,新赤倉温泉(いずれも赤倉温泉からの引湯)と並ぶ六つの温泉からなる。享保年間(1716‐36)開湯の関温泉が最も古く,大正末期開湯の池ノ平温泉,新赤倉温泉が最も新しい。…

※「関[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報