オールマイティー

精選版 日本国語大辞典 「オールマイティー」の意味・読み・例文・類語

オールマイティー

〘名〙 (almighty)
① (形動) 何でも完全にできること。また、そのさま。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
トランプでいちばん強い札。ふつうスペードエースジョーカー。また、比喩的に何に対しても強いものをいう。切り札
※通学物語(1941)〈渋沢秀雄〉父栄一の諾否家庭オール・マイティーたる父に、かう拝み倒されると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「オールマイティー」の意味・読み・例文・類語

オールマイティー(almighty)

[名・形動]
なんでも完全にできること。また、そういう人や、そのさま。全能。「勉強スポーツもよくするオールマイティーな人」
トランプで、最も強い札。ふつうは、スペードのエースをいう。
[類語]万能オールラウンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android