血が騒ぐ(読み)ちがさわぐ

精選版 日本国語大辞典「血が騒ぐ」の解説

ち【血】 が 騒(さわ)

興奮して、じっとしていられなくなる。をふるいたくなる。
※「戦前」という時代(1984‐85)〈山本夏彦明治語彙「少年の読者のなかなる血が騒ぐからである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「血が騒ぐ」の解説

さわ・ぐ

気持ちが高ぶって、じっとしていられなくなる。がおどる。「冒険好きの―・ぐ」
[類語]熱情的情熱的意欲的精力的熱狂的白熱的エネルギッシュ激越狂熱熱烈烈烈熱血熱っぽい血気盛んパッショネートホットバイタル活発快活精彩元気活動的動的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタリティー生き生ききゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち溌剌はつらつ生生せいせいビビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android