コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生生 セイセイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐せい【生生】

[名](スル) 物が生まれ育つこと。しょうじょう。
[ト・タル][文][形動タリ]いきいきして活気があるさま。
「―たる色と形とを具えた草木」〈西田・善の研究〉

なま‐なま【生生】

[副](スル)非常に新しいさま。いかにも生々しいさま。
「青い葉が―して一めんに散っているのである」〈堀辰雄・巣立ち〉
[形動ナリ]
本気でしないさま。しぶしぶ。
「其の御琴を取り依(よ)せて―に控(ひ)き坐しき」〈・中〉
未熟なさま。中途半端なさま。
「―にまねびて思ひ叶はぬたぐひありける後」〈・若菜下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょう【生生】

生まれては死に、死んでまた生まれることを、永遠に繰り返すこと。
(副詞的に用いて)いつまでも。長い間。 「御恩の程は-忘れ不申候/黒潮 蘆花

せいせい【生生】

( 名 ) スル
生まれ出ること。生まれ育つこと。 「文明世界に-する人民は/福翁百話 諭吉
( 副 )
物事が絶えず勢いよく活動を続けるさま。 「人の以て-繁植する所以男女相愛の情に原く/明六雑誌 22
( トタル ) [文] 形動タリ 
いきいきとしているさま。 「 -たる色と形とを具へた草木/善の研究 幾多郎

なまなま【生生】

( 副 ) スル
いかにもなまなましいさま。新鮮なさま。 「未だ血の気の-した頃は/火の柱 尚江
( 形動ナリ )
通りいっぺんなさま。中途半端なさま。 「才の際、-の博士はづかしく/源氏 帚木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生生の関連キーワード鹿児島県大島郡大和村思勝長崎県対馬市上県町佐護バードサンクチュアリ野生生物保護学会アイヒラーの法則スポットセンサスプロブレマティカ北海道釧路市北斗プロティスタ界生きている化石タフォノミー古生物地理学アクアリウムサルシーナパラサイト条件的寄生系統分類学古賀 忠道チューター朝山 新一

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生生の関連情報