生生(読み)しょうじょう

精選版 日本国語大辞典「生生」の解説

しょう‐じょう シャウジャウ【生生】

〘名〙 (「しょう」は「生」の呉音)
① 生まれては死に、死んでは生まれることを永遠に繰り返すこと。転じて、詞的に用いて、いつまでもの意。
※菅家文草(900頃)一・長斎畢、聊言懐寄諸才子、答頻来「我今苦行最甘心、為生々殺盗婬
※浮世草子・傾城禁短気(1711)四「その鎌倉の春路さんのござる所迄、送り届けて給はらば、生々(シャウジャウ)の御恩ならめ」
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「御恩の程は生々(シャウジャウ)忘れ不申候(まうさずそろ)
② (━する) 生ずること。生まれ育つこと。せいせい。
※波形本狂言・宗論(室町末‐近世初)「かの芋よりずいきと云ふ物が五十本斗生々(シャウジャウ)する」
③ 生きている人々。衆生。
※菅家文草(900頃)四・懺悔会作「辺地生々常下賤、未来世々亦単貧」

なま‐なま【生生】

[1] 〘形動〙
① 心からでないさま。勧められてしぶしぶするさま。
※古事記(712)中「に稍(やや)の御琴を取り依(よ)せて、那麻那摩邇(ナマナマニ)〈此の五字は音を以ゐよ〉(ひ)き坐しき」
② 未熟なさま。いいかげんなさま。中途はんぱなさま。
※源氏(1001‐14頃)帚木「なまなまの上達部より非参議の四位どもの世のおぼえ口惜しからず」
[2] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) いかにもなまなましいさまを表わす語。新鮮である。
※応永本論語抄(1420)八佾第三「腥(なまくさ)いとは殺してなまなまとして、未煮を云也」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉二四「二十代や三十代の、未だ血の気の生々(ナマナマ)した頃は」

なまなま‐し・い【生生】

〘形口〙 なまなまし 〘形シク〙
① なま身である。生きている。
※大和(947‐957頃)六〇「君をおもひなまなまし身を焼くときはけぶりおほかるものにぞありける」
② 死んだばかりである。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「なまなましき髑髏あり」
③ 生き生きとしている。生き生きと息づいている。目前に見ているような感じである。
※大つごもり(1894)〈樋口一葉〉「雪はづかしき膚に紫の生々(ナマナマ)しくなりぬ」
④ 今できたばかりである。真新しい。
※落語・昔の詐偽(1897)〈三代目春風亭柳枝〉「生々(ナマナマ)しき創(きず)が附きまして」
なまなまし‐さ
〘名〙

せい‐せい【生生】

〘名〙
① (━する) 生い育つこと。生まれ育つこと。しょうじょう。
※山鹿語類(1665)四一「天地の命は唯だ生々息むことなく、善悪を以て論ずべからず」
※暦象新書(1798‐1802)中「男女合精して万物生々す」 〔易経‐繋辞〕
② (形動タリ) いきいきしていること。変化に富み活気があること。また、そのさま。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「生々(セイセイ)たる青葉に夏の日の輝く光を眺めて居たが」

いきいき‐し・い【生生】

〘形口〙 生き生きとしている。活気、生気にみちているさま。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉一三「彼は忽ち活々(イキイキ)しく、さらば自分と同行するの意はなきや」
いきいきし‐さ
〘名〙

うまれ‐うまれ【生生】

〘副〙 生まれるとすぐに。生まれたばかり。
※浮世草子・世間胸算用(1692)四「おもへば此銀はうつくしき娘をうまれうまれ出家にしたやうなものじゃは」

うぶうぶ‐し・い【生生】

〘形口〙 ういういしい。
小鳥の巣(1910)〈鈴木三重吉〉下「その時の生生(ウブウブ)しいおしづさんの顔は、今でもありありと〈略〉目に写る」

なま‐いき【生生】

〘名〙 (「なま」は接頭語) なかば生きていること。半死半生であること。半生。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生生」の解説

なま‐なま【生生】

[副](スル)非常に新しいさま。いかにも生々しいさま。
「青い葉が—して一めんに散っているのである」〈堀辰雄・巣立ち〉
[形動ナリ]
本気でしないさま。しぶしぶ。
「其の御琴を取りせて—にき坐しき」〈・中〉
未熟なさま。中途半端なさま。
「—にまねびて思ひ叶はぬたぐひありける後」〈・若菜下〉
[類語]生生しい新しい瑞瑞みずみずしい新鮮生鮮生新清新フレッシュ

せい‐せい【生生】

[名](スル) 物が生まれ育つこと。しょうじょう。
[ト・タル][文][形動タリ]いきいきして活気があるさま。
「—たる色と形とを具えた草木」〈西田・善の研究〉
[類語]きゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち生き生き元気活発溌剌はつらつおきゃんおちゃっぴいおませおしゃま元気快活精彩活動的動的精力的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのよう情熱的意欲的熱狂的熱情的白熱的激越狂熱熱烈烈烈熱血熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートホットエネルギッシュバイタリティービビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android