熱烈(読み)ねつれつ

精選版 日本国語大辞典「熱烈」の解説

ねつ‐れつ【熱烈】

〘名〙 (形動)
① 勢いがはげしく盛んなこと。また、そのさま。
※春城随筆(1926)〈市島春城〉雅俗相半録「そこで麝香を作る者は、此の季節に臨んでの部分丈けを切裂いて、之れを熱烈なる天日に干す」 〔抱朴子‐刺驕〕
② 熱心ではげしいこと。感情がたかぶってはげしいこと。また、そのさま。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「恋愛の欲求が他の有らゆる慾望に比べて最も熱烈なのも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「熱烈」の解説

ねつ‐れつ【熱烈】

[名・形動]物事に熱中したり、感情が高ぶったりして、激しい言動をとること。また、そのさま。「熱烈なファン」「熱烈な歓迎を受ける」
[派生]ねつれつさ[名]
[類語]情熱的意欲的精力的熱狂的熱情的白熱的エネルギッシュ激越狂熱烈烈熱血熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートホットバイタル活発快活精彩元気活動的動的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタリティー生き生ききゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち溌剌はつらつ生生せいせいビビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「熱烈」の解説

【熱烈】ねつれつ

強烈。〔論衡、四〕(正月・五月の子)夫(そ)れ正の始め、五なり。子以て生まるるときは、(さか)んにして熱烈、母を厭(えふしよう)す。母堪へず、將(まさ)に其の患を受けんとす。

字通「熱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android