熱烈(読み)ねつれつ

精選版 日本国語大辞典 「熱烈」の意味・読み・例文・類語

ねつ‐れつ【熱烈】

〘名〙 (形動)
① 勢いがはげしく盛んなこと。また、そのさま。
※春城随筆(1926)〈市島春城〉雅俗相半録「そこで麝香を作る者は、此の季節に臨んで其の部分丈けを切裂いて、之れを熱烈なる天日に干す」 〔抱朴子‐刺驕〕
② 熱心ではげしいこと。感情がたかぶってはげしいこと。また、そのさま。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「恋愛の欲求が他の有らゆる慾望に比べて最も熱烈なのも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「熱烈」の意味・読み・例文・類語

ねつ‐れつ【熱烈】

[名・形動]物事に熱中したり、感情が高ぶったりして、激しい言動をとること。また、そのさま。「熱烈なファン」「熱烈な歓迎を受ける」
[派生]ねつれつさ[名]
[類語]情熱的意欲的精力的熱狂的熱情的白熱的エネルギッシュ激越狂熱烈烈熱血熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートホットバイタル活発快活精彩元気活動的動的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタリティー生き生ききゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち溌剌はつらつ生生せいせいビビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「熱烈」の読み・字形・画数・意味

【熱烈】ねつれつ

強烈。〔論衡、四〕(正月・五月の子)夫(そ)れ正の始め、五陽なり。子以て生まるるときは、(さか)んにして熱烈、母を厭(えふしよう)す。母堪へず、將(まさ)に其の患を受けんとす。

字通「熱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android