むくむく(読み)ムクムク

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)
雲・煙・泡などが重なり合ってわき出るさま。「黒雲がむくむく(と)出てくる」
感情や考えが急に起こるさま。「好奇心がむくむく(と)頭をもたげる」
横たわっているものがうごめくさま。また、起き上がるさま。「寝ていた子供がむくむく(と)起きた」
柔らかくふくらんでいるさま。「むくむくした赤ん坊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 毛などが多く重なり合って生えているさまを表わす語。
※古今著聞集(1254)一七「毛むくむくとある物、さしころされてあり。みれば狸なりけり」
② 厚く柔らかくふくらんでいるさま、また、態度・物腰などが柔らかであるさまを表わす語。
※仮名草子・童蒙先習(1612)一「夏はこはり帷、冬はむくむくの小袖」
※評判記・満散利久佐(1656)薩摩「やはらかに、むくむくとしたるばかりにて、いっきりとしたる所なし」
③ 抹茶が十分に泡立つさまを表わす語。
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「あわあわむくむくほうほうと、ねこのはらだったごとく、なかだかにたてなひておまらせうほどに」
④ うごめいたり、うごめいて起き上がったりするさまを表わす語。
※寒川入道筆記(1613頃)落書附誹諧之事「おこしたまへども、〈略〉目も覚ず、むくむくとしてゐられたれば」
⑤ 煙や雲、波などが勢いよくわき立つさまを表わす語。
※俳諧・枯尾花(1694)下「こっそりと散て仕廻し花の跡〈曲翠〉 むくむくあくる芝のかげろふ〈昌房〉」
⑥ 感情や考えが急激にうかびあがるさまを表わす語。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「引続いてムクムクと浮み上ッた『免職』の二字で狭い胸がまづ塞がる」
⑦ 口を小刻みに動かすさまを表わす語。むぐむぐ。
※応永本論語抄(1420)里仁第四「物云時にむくむくとどもるやうにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

むくむくの関連情報