コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関[町] せき

2件 の用語解説(関[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

関[町]【せき】

三重県北部,鈴鹿郡の旧町。主集落は東海道大和街道が交わる要衝にあり,鈴鹿越えの麓集落として発達,鈴鹿関が置かれ,近世は宿場町として繁栄した。関西本線名阪国道が通じ,伊勢自動車道が分岐する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せき【関[町]】

三重県北部,鈴鹿郡の町。人口7497(1995)。鈴鹿山脈布引山地の境に位置し,鈴鹿峠に源を発する鈴鹿川と支流加太(かぶと)川が町内を東流する。古くからの交通・軍事の要衝で,古代には三関の一つである鈴鹿関が設置されていた。近世には東海道の宿駅として関・坂下(さかのした)両宿が栄え,現在も関は宿場町の遺構をよく残している。1890年関西鉄道(現,関西本線)開通後一時衰退したが,近年,国道1号線はじめ名阪国道(国道25号線),伊勢自動車道(関ジャンクション)が整備され,再び交通の要衝となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関[町]の関連キーワード坂下四日市三重銀行鈴鹿国際大学いなべ鈴鹿鈴鹿の関鈴鹿馬子唄前川定五郎三宅石床

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone