コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁(哲学)(読み)じん

百科事典マイペディアの解説

仁(哲学)【じん】

儒教の徳目の中で最高位にあるものであるが,その内容や定義は経典にもはっきりとは書かれていない。《書経》《詩経》《易経》にも仁の語はみえ,《論語》には100回以上使用されている。各書におけるおもな規定,すなわち〈己(おのれ)に克(か)ち礼を復(おさ)む〉〈博く愛す〉(《論語》),〈愛なり〉(《墨子》),〈仁は人心なり〉(《孟子》)などから推せば,対人関係において博愛と福利の理想を達成することといえようが,孟子が義を仁と同等視して〈仁義の道〉を説くことに見えるように,社会性を重視する契機も無視できない。
→関連項目顔回兼愛説

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android