仁(漢字)

普及版 字通「仁(漢字)」の解説


常用漢字 4画

[字音] ジン・ニン
[字訓] したしむ・いつくしむ・めぐむ

[説文解字]
[金文]

[字形] 会意
人+二。〔説文〕八上に「親しむなり」とし、「人二に從ふ」と二人相親しむ意とする。金文や、〔説文〕に古文として録する字形は、人が(しきもの)を敷いている形で、二人相人偶するという形ではない。〔儀礼、士昏礼〕「衽を奧に(すす)む」の注に「臥席なり」とあり、衽席を用いて安舒であることから、和親・慈愛の意が生まれたのであろう。一般に徳目に関する字は、正は征服、義は犠牲、(道)は道路の修祓、(徳)は省(いつせい)巡察を原義とするもので、具体的な行為や事実をいうものであった。のち次第に抽象化して、高度の観念に達する。仁もまた衽席(じんせき)によって和むことから、和親・仁愛の意に展開したものであろう。

[訓義]
1. したしむ、なごむ。
2. いつくしむ、めぐむ。
3. あわれむ、おもいやり、なさけぶかい。
4. うるおう、うるおいがある。
5. 人としての徳、最高の徳。
6. 果物のさね。

[古辞書の訓]
名義抄〕仁 キミ・ナムヂ・ヒト・ウツクシブ・メグム・ムツマジ・ヨシ・ヨロコブ・ユルス・シノブ・タフトシ/不仁 カタネ・アシタタズ

[語系]
仁・人njienは同声。衽njimも声が近い。金文の仁の字形にみえる二の形は、卜文の(し)(肉の象)や(酒の形)の下に、往々にして二直線を加えている例があり、その席を加えた形と考えられる。仁の古い字形も、人の下に衽席を敷く形で、人を安舒にする意がある。二人を仁となすというような観念的な造字法は、古代にあってはその例をみない。

[熟語]
仁愛仁簡仁義・仁誼仁矜・仁謹・仁君・仁兄・仁恵・仁賢・仁姑・仁厚・仁公仁侯・仁孝仁士仁祠仁慈・仁者・仁弱・仁寿仁恤・仁譲・仁心・仁人・仁政・仁聖・仁声仁惻・仁沢・仁智・仁弟・仁篤・仁憫・仁風・仁聞仁明・仁勇・仁宥・仁誉・仁廉仁和・仁柔
[下接語]
温仁・懐仁・寛仁・帰仁・求仁・三仁・至仁・慈仁・質仁・周仁・淳仁・深仁・親仁・聖仁・体仁・篤仁・不仁・輔仁・友仁・里仁

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android