同(漢字)

普及版 字通「同(漢字)」の解説


常用漢字 6画

[字音] ドウ
[字訓] あつまる・おなじ・ととのう

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
卜文・金文字形は、(凡)と口とに従う。は盤の形で、古く酒盃にも用いた器であろう。口は祝を収める器である(さい)の形。会同のとき、酒を飲み、神に祈り誓ったものと思われ、会同の儀礼をいう。またその酒杯の名に用い、〔書、顧命〕は康王即位継体の大礼をしるすものであるが、そのとき新王と、聖職者太保との間に、同・瑁という酒器による献酬が行われている。土主に酒を(そそ)ぐ儀礼を示す興(きよう)、また鬯(かんちよう)を意味する(きん)の字形中に含まれている同が、その酒器である。それは会同盟誓などのときに用いるものであるから「あつまる」意となり、和合・同一の意となる。〔説文〕七下に、この字を重覆を意味する(もう)部に属し、「合會するなり」と訓し、と口との会意とするのは、合議の意とするものであろうが、口は古い字形では祝や盟誓をいう。

[訓義]
1. さかずき。
2. あつまる、つどう。
3. おなじ、おなじくする。
4. ととのう、そろう、ひとしい。
5. ともにする、なかま。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕同 オナジ・ヒトシ・ヒトシウス・アツマル・トトノフ・ノリ・カタシ/異同 カタタガヒ

[声系]
〔説文〕に同声として・筒・桐・・恫・・銅など十四字を収める。筒・洞などは、酒器としての同の形状から、その声義をえたものであろう。

[語系]
同dongは當(当)・黨(党)tang、等tngと声義近く、ひとし、ととのうなどの意がある。

[熟語]
同哀・同悪・同案同位・同異・同意・同一・同寅・同雲・同宴・同焉・同屋・同音・同火・同科・同懐・同学・同官同感・同気・同軌・同帰・同揆同羈・同義・同休・同居・同魚・同郷・同響同衾・同契・同慶・同穴・同硯・同伍・同工・同功・同甲同好・同行・同国・同根・同座・同采・同歳・同載・同罪・同参・同産・同爨同志・同指・同視・同廁・同事・同時同室・同疾・同日・同車・同舎・同舟・同住・同宿・同処・同床・同牀同乗同情・同食・同心・同人・同仁・同塵・同井・同生・同声・同姓・同棲・同儕同席同船・同然・同宗・同窓・同蔵同族・同体・同断・同儔・同朝同調・同塗・同党・同等・同堂・同道・同徳・同内・同年同輩・同犯・同伴・同班・同被・同病・同品・同父・同符・同風・同腹・同文・同母・同邦・同朋同胞・同袍・同房・同瑁・同榜・同謀・同盟・同門・同憂・同流・同侶・同僚・同寮・同力・同倫同類同列・同和
[下接語]
異同・一同・殷同・会同・共同・協同・玄同・胡同・合同・混同・参同・賛同・上同・斉同・帯同大同・党同・不同・符同・来同・雷同・類同・和同

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android