違いない(読み)チガイナイ

デジタル大辞泉「違いない」の解説

ちがい‐な・い〔ちがひ‐〕【違いない】

[連語]
応答の言葉として、肯定の返事を表す。そのとおりだ。「『お互いにもう年だね』『—・い』」
(「…にちがいない」の形で)きっと…である。…にきまっている。「雨が降るに—・い」「犯人は男に—・い」
[類語]強いて敢えてむりやり努めてできるだけ極力なるたけなるべく可及的必ずきっと絶対是非何としてもどうしても何が何でも是が非でも押してたってどうぞどうかくれぐれも願わくはなにとぞなんとかぜひともまげてひとつ必ずや必然必定必至不可避誓っててっきりはず決まってすなわち否が応でも否でも応でも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android