しっとり

精選版 日本国語大辞典の解説

しっとり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 湿気が軽く全体にいきわたっているさま、濡れ湿っているさまを表わす語。
※中華若木詩抄(1520頃)上「小雨がざっとふりたらば、〈略〉しっとりとして、よかるべき也」
② ゆっくりと落ち着いたさま、深く静まりかえっているさまを表わす語。また、よく整って安定しているさまを表わす語。じっとり。
※玉塵抄(1563)二九「そのやうなことのしげい県を吾はようしっとりとをさめたと袁甫が云たぞ」
③ しとやかなさま、しずかで落ち着いた味わいのあるさま、また、女性の、しずかな中にもうるおいやほのかな色っぽさがただよっているさまを表わす語。じっとり。
※土井本周易抄(1477)四「男が求れば、女はしっとりとして応ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しっとり

[副](スル)
軽く湿りけが行き渡っているさま。「しっとり(と)ぬれた若草」
静かに落ち着いて、好ましい趣のあるさま。「しっとり(と)した感じの女性」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android