大山(神奈川)(読み)おおやま

百科事典マイペディアの解説

大山(神奈川)【おおやま】

神奈川県中部,丹沢山地南東端の山。雨降(あふり)山とも。標高1252m。新第三系の御坂層からなる。山頂には式内社の大山阿夫利(あふり)神社,山腹には大山寺があり,門前町の大山(伊勢原市)には御師(おし)の家やみやげもの店が多い。大山信仰は多様な職業の人々の対象となった。
→関連項目伊勢原[市]大山街道神奈川丹沢大山国定公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大山(神奈川)の関連情報