大山(鳥取)(読み)だいせん

百科事典マイペディアの解説

鳥取県西部の山。伯耆(ほうき)富士とも。標高1729mで中国地方最高。大山火山群は複式成層火山で,東西約37km,南北約28kmの広大な裾野(すその)を展開,外輪山の矢筈ヶ山(やはずがせん),船上山,寄生火山の孝霊山,豪円山,烏ヶ山などがある。主峰の弥山(みせん)(1709m)はカルデラ内に新期に噴出した大山火山の円頂丘群の一つで,角セン石安山岩からなり,北側は爆裂火口壁が浸食を受けて急崖を呈する。ダイセンキャラボク純林(特別天然記念物),国民休暇村の鏡ヶ成,スキー場があり,また古来修験道道場として知られ,大山寺大神山(おおがみやま)神社がある。大山隠岐国立公園に含まれ,西麓の大山町まで米子市から大山道路が通じる。
→関連項目赤碕[町]大山[町]中国山地東伯[町]中山[町]名和[町]日本百名山米子[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android