旨・甘・味・美(読み)うまい

精選版 日本国語大辞典の解説

うま・い【旨・甘・味・美】

〘形口〙 うま・し 〘形ク〙 (平安以降には「むまし」とも表記)
① 味覚・感覚を満足させるような快い味わいについていう。味がよい。おいしい。美味である。また、よい香りである。
※万葉(8C後)一六・三八五七「飯(いひ)(は)めど 味(うまく)もあらず 行き行けど 安くもあらず」
※蘇悉地羯羅経承保元年点(1074)「諸菓の其の味次に美(ムマク)して」
※夢酔独言(1843)「『麁末(そまつ)だが御ぜんをくへ』とて、いろいろうまいものを出したが」
② ものごとの状態が不足なく十分である。十分だ。完全だ。満足だ。
※大智度論天安二年点(858)八七「熟(ウマク)諸の苦悩を受けず」
※洒落本・交代盤栄記(1754)「玉の井〈略〉生れ付美しく顔はせにうまい所有て気しつさっはりとして心はへよし」
③ 事の運び方にぬかりがない。技術がすぐれて巧みだ。巧妙だ。じょうずだ。
※書紀(720)欽明二年七月(寛文版訓)「夫れ新羅甘(ムマク)(い)ひて希(めづら)しく誑(あざむ)くことは、天の下の知れる所なり」
※仮名草子・都風俗鑑(1681)三「狂言の恋路にうまひあぢをつくせば」
④ ある事態や事のなりゆきが、当事者にとって都合がよい。ぐあいがよい。よい状態だ。好都合だ。得だ。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)一「ヤアうまひ所へ出合ふたな」
※不思議な鏡(1912)〈森鴎外〉一「さう(ウマ)くは行かない」
⑤ (男女の仲について) 親密な関係だ。よい仲である。情を通じる。
※浮世草子・好色五人女(1686)一「人めせはしき宿なれば、うまひ事は成がたく、しんいを互に燃やし、両方恋にせめられ」
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「わりゃ彌助とうまい事して居るそふなが」
⑥ (「あまい」を①の中で代表的なものとしたところから転じて) ぴりっとしたところのない、まのぬけた様子をいう。まぬけだ。お人よしだ。締まりがない。あまい。
※浄瑠璃・津国女夫池(1721)一「ハアア知ったとていふ物か、うまいやつらと片端(かたはし)に、けちらしけちらし」
⑦ (③④などから逆説的に) みっともなく具合の悪い様子をいう。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「乱れた襟を掻合せながら『どうも這麼(こんな)(ウマ)い恰好をして、…着更へて参りませう』」
[補注]味の良さを表わす場合、類義語「おいしい」が、古語「いしい」の女房詞に由来する語であることもあって、現代共通語では、女性は「うまい」より「おいしい」を使う傾向がある。
うま‐が・る
〘自ラ五(四)〙
うま‐げ
〘形動〙
うま‐さ
〘名〙
うま‐み
〘名〙

うま・し【旨・甘・味・美】

〘形ク〙 ⇒うまい(旨)

むま・い【旨・甘・味・美】

〘形口〙 ⇒うまい(旨)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android