親(漢字)

普及版 字通「親(漢字)」の解説


常用漢字 16画

[字音] シン
[字訓] おや・したしむ・みずから

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
辛(しん)+木+見。神事に用いる木をえらぶために辛(針)をうち、切り出した木を新という。その木で新しく神位を作り、拝することを親という。〔説文〕八下に「至るなり」とし、また宀(べん)部の字条七下にも「至るなり」とあって同は新しい位中に拝する形で、金文には親をに作ることがある。父母の意に用いるのは、新しい位が父母であることが多いからであろう。その限定的な用義である。すべて中に新しい位を拝するのは、親しい関係の者であるから、親愛の意となり、また自らする意に用いる。

[訓義]
1. おや、父母、みうち。
2. したしむ、したしい、ちかい、ちかしい、よしみ。
3. み、みずから、したしく。

[古辞書の訓]
名義抄〕親 シタシ・チカシ・ミヅカラ・ウツクシブ・マノアタリ・ムツマジ・ムカフ・ハハオヤ 〔字鏡集〕親 ミ・ウツクシミ・ヲヤ・ミヅカラ・イタル・シタシ・ホドコス・ムツマジ・チカシ・ウツクシク・ウツクシビ・ムカフ・ハハ・マノアタリ

[語系]
親・tsien、新sienは声義近く、新しい位の人は親近の関係者である。親・を〔説文〕に両字とするが、ともに金文にみえ繁簡の字である。

[熟語]
・親愛・親渥・親懿・親委・親倚・親姻・親衛・親閲・親縁・親家・親串・親・親貴・親鞫・親旧・親近・親遇・親軍・親兄・親敬・親迎・親眷・親故・親厚・親狎・親倖・親候親交・親好・親幸・親裁・親蚕・親讚・親慈・親識・親・親炙・親者・親受・親従・親習親書・親署・親情・親醸・親親・親臣・親信・親征・親政・親戚・親切・親接・親餞親善・親疎・親・親総・親属・親族・親知・親智・親・親弟・親逖親展・親睹・親土親等・親任・親拝・親比・親筆・親・親表・親賓・親附・親父・親扶・親兵・親嬖・親母・親朋・親睦親密・親民・親友・親与・親要・親頼・親覧・親・親臨親類親和
[下接語]
安親・懿親・姻親・家親・貴親・躬親・近親・君親・顕親・厳親・功親・婚親・懇親・至親・自親・侍親・慈親・周親・習親・従親・辱親・仁親・宗親・内親・肉親・背親・睦親・密親・養親・六親・両親・老親・和親

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android