(読み)むらさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫(有職故実)
むらさき

色名の一つ。ムラサキの根(紫根(しこん))で染めた色。『延喜式(えんぎしき)』縫殿(ぬいどの)寮の巻、雑染用度の条に「深紫綾(あや)一疋(ぴき)。紫草卅斤(さんじっきん)。酢二升。灰二石。薪(まき)三百六十斤」とある。紫の染色にあたって、布帛(ふはく)や糸を灰汁(あく)に浸(つ)けて、先に媒染してから紫根の汁で染める。濃い色にするには数十回これを繰り返す。色彩の高貴な印象ばかりではなく、困難な染料入手と染色技術の理由から尊ばれ、朝廷における位階相当の色である当色(とうじき)のうち、高位の身分を示す冠や服の色とされた。647年(大化3)に冠位十三階の制で紫冠(しかん)という位が定められ、養老(ようろう)の衣服令(りょう)では服色を、親王および、王と臣下の一位が深紫(ふかむらさき)、王の二位以下と臣下の二、三位が浅(あさ)紫と定めている。平安時代中期以降、紫は黒にかわって当色から外されたが、濃い紫は禁色(きんじき)で一般の使用が禁じられた。紫は重要な色として、濃(こき)といえば濃紫(こきむらさき)を、薄色といえば薄紫をさした。なお赤みの強い紫を葡萄(えび)とよび、紫はそれより青みのある色であった。近世では青みの強い粋(いき)な紫を江戸紫とよび、赤みのあるみやびな紫を京紫といっている。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫の関連情報