紫(漢字)

普及版 字通「紫(漢字)」の解説


常用漢字 11画

[字音]
[字訓] むらさき

[説文解字]
[その他]

[字形] 形声
声符は此(し)。〔説文〕十三上に「帛(きぬ)の赤色なるものなり」とあり、紫宸・紫禁など宮廷、また紫霞・紫微など神仙のことをいう語に用いる。間色の美しいものであるので、〔論語、陽貨〕に「紫の朱を奪ふことを惡(にく)む」という語がある。

[訓義]
1. むらさき、青と赤との間色。
2. 美しく神聖なものに用いる。

[古辞書の訓]
〔和名抄〕紫 无良佐岐(むらさき) 〔名義抄〕紫 ムラサキ・ツツム

[語系]
紫・tzieは同声。(し)は紫をそめるもので「むらさき」、小さな花を多くつけるので「群(むら)咲き」の意であろう。此には、細小なるものの意がある。の根を染料として、紫色に糸を染めるので、の声をとって紫という。

[熟語]
紫案・紫衣・紫・紫宇紫雲・紫煙・紫垣・紫・紫霞・紫茄・紫・紫蓋・紫閣紫渙・紫館・紫丸・紫気・紫宮・紫穹・紫虚・紫極・紫禁・紫金・紫空・紫・紫紫闕・紫姑・紫紫皇紫羔・紫・紫降紫梗・紫鉱紫誥紫毫・紫・紫座・紫菜・紫塞紫衫紫盞・紫芝・紫志・紫室紫綬・紫筍・紫書・紫宸紫岑・紫翠・紫清・紫石紫栴・紫銭・紫・紫・紫・紫台・紫・紫紫闥・紫脱・紫檀・紫壇紫竹・紫宙・紫庭・紫泥・紫的・紫電・紫殿・紫都・紫糖・紫藤・紫洞・紫童・紫・紫馬・紫佩・紫貝・紫陌・紫妃・紫微・紫・紫府・紫服・紫氛・紫粉・紫鼈・紫木・紫磨・紫密・紫霧・紫冥・紫綿・紫陽・紫・紫燎・紫・紫暦
[下接語]
艶紫・亀紫・宮紫・金紫・紫・紅紫・黒紫・賜紫・朱紫・筍紫・深紫・垂紫・青紫・浅紫・蒼紫・帯紫・奪紫・丹紫・沈紫・濃紫・佩紫・頒紫・紫・碧紫

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android