門(生物分類)(読み)もん

  • 生物分類

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物を分類するときに類別に用いる一段階の名称。界(動物界、植物界に、近年は菌界が後者から分けられる)に次いで上位の分類段階が門であって、界と綱の間に位置する。門の分け方は学者の見解によって異なるが、一般に体制、細胞、生殖法、発生様式などの基本的な相違によって区別される。普通、動物では20前後の門に分けられ、消化管、排出器官、体腔(たいこう)、循環系、呼吸器官、体節構造、発生過程などが問題とされる。植物では10前後の門があり、細胞壁の成分、生殖法、配偶子の鞭毛(べんもう)、葉緑素やほかの含有色素、管束などの特徴が相違として取り上げられる。菌界は、近年十数門に分割する提案がなされている。門の下位には亜門が置かれることが多い。

[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android