宮(岐阜県)(読み)みや

日本大百科全書(ニッポニカ)「宮(岐阜県)」の解説

宮(岐阜県)
みや

岐阜県北部、大野郡にあった旧村名(宮村(むら))。現在は高山市の中南部にあたる地域。旧宮村は、2005年(平成17)周辺2町6村とともに高山市に編入合併。旧村域は、宮川の最上流域を占める。東部には宮川沿いに小盆地が開け、旧宮村の中心地区をなす。国道41号とJR高山本線は、南東部の宮峠から地域の東部を通り、高山市街地方面へ向かう。旧宮村は高山市の近郊村であり、同市街地への通勤者が多い。盆地の東縁に飛騨一宮(ひだいちのみや)の水無(みなし)神社があり、春の例祭には伝統の古式神事の神代踊などが地域総出で奉納される。位(くらい)山のヒノキイチイを使って編む「宮傘」が特産で、臥竜のサクラは国指定天然記念物。

[上島正徳]

『『宮村史』(1968・宮村)』『『宮村史』全6巻(2003~2004・宮村)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android