コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島[市] かごしま

百科事典マイペディアの解説

鹿児島[市]【かごしま】

鹿児島県薩摩半島東部と桜島全域を占める市。1889年市制。県庁所在地。鹿児島湾に臨む甲突(こうつき)川三角州上の中心市街は島津氏の城下町として発展,南九州の中心地となった。
→関連項目鹿児島[県]鹿児島中央[駅]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かごしま【鹿児島[市]】

鹿児島県のほぼ中央部,鹿児島(錦江)湾西岸にある県庁所在地。1889年市制。人口54万6282(1995)。市域には1950年に編入した桜島東部の旧東桜島村域,67年合体した旧谷山市域を含む。市域の大部分はシラス台地で占められるが,中心市街地は南東流する甲突(こうつき)川やその他2~3の河川によって湾岸に形成された複合三角州上にある。シラス台地の末端にあたる城山の山頂には,南北朝期に上山氏が上之山城を,山麓には江戸初期に島津氏が鶴丸城を築き,以来鹿児島は薩摩藩77万石の城下町として発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鹿児島[市]の関連キーワード錦江

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android