コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島[市](読み)かごしま

百科事典マイペディアの解説

鹿児島[市]【かごしま】

鹿児島県薩摩半島東部と桜島全域を占める市。1889年市制。県庁所在地。鹿児島湾に臨む甲突(こうつき)川三角州上の中心市街は島津氏の城下町として発展,南九州の中心地となった。九州新幹線,鹿児島・日豊両本線,指宿(いぶすき)枕崎線,九州自動車道,国道3号線の基点,県内航路の要地である。第3次産業の就業者比率が高く,商業都市的性格が強い。城跡周辺は官公庁街を形成,繁華街は天文館通りを中心に発達している。焼酎(しょうちゅう),タバコ,木製品,大島紬(つむぎ),薩摩焼などの小工業が行われるが,谷山地区は臨海部の埋立地が工業地帯になっていて,南部の喜入には石油備蓄基地もある。近年,鹿児島湾がマリンレジャーの拠点として整備されている。野菜の栽培や畜産も行われる。鹿児島大学,城山(天然記念物・史跡),天保山公園,磯庭園(名勝),鴨池公園などがある。市街地に数多くの温泉がわく。1967年谷山市と合体。2004年11月鹿児島郡吉田町,桜島町,揖宿郡喜入町,日置郡松元町,郡山町と合併した。547.55km2。60万5846人(2010)。
→関連項目鹿児島[県]鹿児島中央[駅]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かごしま【鹿児島[市]】

鹿児島県のほぼ中央部,鹿児島(錦江)湾西岸にある県庁所在地。1889年市制。人口54万6282(1995)。市域には1950年に編入した桜島東部の旧東桜島村域,67年合体した旧谷山市域を含む。市域の大部分はシラス台地で占められるが,中心市街地は南東流する甲突(こうつき)川やその他2~3の河川によって湾岸に形成された複合三角州上にある。シラス台地の末端にあたる城山の山頂には,南北朝期に上山氏が上之山城を,山麓には江戸初期に島津氏が鶴丸城を築き,以来鹿児島は薩摩藩77万石の城下町として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android