小量・少量(読み)しょうりょう

精選版 日本国語大辞典「小量・少量」の解説

しょう‐りょう セウリャウ【小量・少量】

〘名〙 (形動)
① ほんのわずかな分量。すこしの数量。また、わずかで、とるに足りないさま。
※本朝文粋(1060頃)四・為入道前内大臣入道表〈大江匡衡〉「陛下廻大陽之皇鑒、照小量之懇衷
※舎密開宗(1837‐47)内「強て試んと欲ば必ず先づ少量より始むべし」
② 度量が狭いこと。狭い度量。狭量(きょうりょう)。自分の力量を謙遜してもいう。
※実隆公記‐明応五年(1496)九月二八日「和哥各十二首可撰給之由称之、小量更難及、只愚意之分注出先遣之者也」
※歌舞伎・富士三升扇曾我(生立曾我)(1866)三幕「讒言を用ふるは取るに足らざる小量(セウリャウ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android