コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃木[市] とちぎ

百科事典マイペディアの解説

栃木[市]【とちぎ】

栃木県南部の市。1937年市制。足尾山地南東麓と巴波(うずま)川など渡良瀬川支流の沖積低地を占める。中心市街は江戸時代,日光例幣使街道の宿場町,市場町,また巴波川舟運の終点として栄えた。1871年から1884年まで栃木県庁が置かれた。両毛線,東北自動車道が通じ,東武鉄道日光線と宇都宮線の分岐点にあたる。伝統の下駄,サンダルなどのはきもの,ほうき,石灰は減少し,食品加工,機械工業が発達する。旧例幣使街道と巴波川沿いには,塚田歴史伝説館などの蔵づくりの建物が多く残り,〈蔵の街遊歩コース〉として観光客を呼んでいる。2010年3月下都賀郡大平町,藤岡町,都賀町と合併,2011年10月には上都賀郡西方町を,2014年4月には岩舟町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。331.50km2。16万4024人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちぎ【栃木[市]】

栃木県南部の市。1937年市制。人口8万5137(1995)。足尾山地南東部から吹上扇状地の扇端部に至る地域を占め,巴波(うずま)川,永野川が南流する。1871年(明治4)から84年まで栃木県庁が置かれた。交通の要地で,JR両毛線と東武日光線が通じ,新栃木駅から東武宇都宮線が分岐する。1972年には東北自動車道の栃木インターチェンジが設けられた。在来の下駄,懐炉灰,粘土瓦の生産は減少したが,履物の生産はサンダル類へ転換して発展している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

栃木[市]の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android