コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃木[市] とちぎ

2件 の用語解説(栃木[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

栃木[市]【とちぎ】

栃木県南部の市。1937年市制。足尾山地南東麓と巴波(うずま)川など渡良瀬川支流の沖積低地を占める。中心市街は江戸時代日光例幣使街道の宿場町,市場町,また巴波川舟運の終点として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちぎ【栃木[市]】

栃木県南部の市。1937年市制。人口8万5137(1995)。足尾山地南東部から吹上扇状地の扇端部に至る地域を占め,巴波(うずま)川,永野川が南流する。1871年(明治4)から84年まで栃木県庁が置かれた。交通の要地で,JR両毛線と東武日光線が通じ,新栃木駅から東武宇都宮線が分岐する。1972年には東北自動車道の栃木インターチェンジが設けられた。在来の下駄,懐炉灰,粘土瓦の生産は減少したが,履物の生産はサンダル類へ転換して発展している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

栃木[市]の関連キーワード中国映画日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一チェンバレン若い人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone