新潟[県](読み)にいがた

百科事典マイペディアの解説

新潟[県]【にいがた】

中部地方北部,日本海に面する県。佐渡島を含む。県庁所在地は新潟市。1万2584.10km2。237万4450人(2010)。面積は全国5位の広さで,北陸地方の富山,石川,福井3県の合計に相当する。〔沿革〕 かつての越後国佐渡国2国にあたる。古代は越(こし)の国の一部で,7世紀中期に渟足柵(ぬたりのさく),磐舟柵(いわふねのさく)が置かれた。中世には城(じょう)氏,北条氏らが勢力を振るい,戦国時代には上杉氏が統一。佐渡は流刑地でもあった。江戸時代には天領,藩領に細分され,佐渡は金を産するため幕府が直轄。1871年新潟・柏崎・相川3県設置,1873年柏崎県,1875年相川県を新潟県に編入。〔自然〕 東西80km,南北210kmと北東〜南西に細長く,東は越後山脈,南は三国山脈,南西は妙高火山群と飛騨山脈の山地で,越後山脈の西に並行して魚沼丘陵,東頸城(ひがしくびき)丘陵がのびる。北〜中部に信濃川阿賀野川の沖積平野(越後平野)が広がり,その日本海岸に砂丘帯が発達,南西部に荒川の高田平野がある。新潟市沖合約45kmには日本海で最大の佐渡島,村上市北西約20kmには粟(あわ)島がある。気候は日本海岸式の北陸気候区に属し,県境山地,盆地での冬の豪雪,夏のフェーン現象が特色。夏は晴天が多く,高温で,稲作に適する。〔産業〕 産業別人口構成は第1次7.5%,第2次31.1%,第3次60.7%(2005)。耕地面積約1788km2のうち水田が約9割を占め,越後平野は〈日本の米倉〉といわれる穀倉地帯をなす。水稲の作付面積,収穫量とも平常年では北海道に次いで全国2位(2003),コシヒカリの収穫量が8割以上を占める。米以外では砂丘地と自然堤防上でのリンゴ,サクランボ,ブドウ,モモ,ナシなどのビニルハウス栽培,果樹園芸が発達。漁業では新潟と佐渡島の両津2港を中心にサバ,アジ,イカなどを漁獲する。三面(みおもて)川,阿賀野川のサケ,山古志村(現・長岡市)の養殖ニシキゴイは有名。鉱産では,石油・天然ガスともに全国一(2004),西頸城,東蒲原地方では石灰石を産出,佐渡金山は一時復活したが1989年閉山。信濃川・阿賀野川水系の電源開発が活発で,電力を利用する化学工業が新井市(現・妙高市),青海(おうみ)町(現・糸魚川市),鹿瀬(かのせ)町(現・阿賀町),上越市の直江津に発達,石油・天然ガスを原料とする製油,ガス化学などの工業が新潟市に立地する。他に新潟,柏崎の2市を主に機械,造船,製紙,栃尾市(現・長岡市),見附市などの合繊物,ニット製品があり,最近は長岡市,小千谷市,新井市(現・妙高市)などで精密機器工業が発展している。伝統産業では五泉市,十日町市,小千谷市の絹・麻織物,三条市の金物,燕市の洋食器,加茂市のたんす,新潟,長岡各市の酒,佐渡島のみそなどがある。製造品出荷額では4兆3530億円(2003)を上げ,北陸4県では1位,中部地方では5位である。観光面では磐梯朝日・上信越高原・妙高戸隠連山の3国立公園,佐渡弥彦米山国定公園に含まれる多くの景勝地,温泉,スキー場のほか笹川流,親不知(おやしらず),銀山平などの名所,越後湯沢,瀬波,栃尾又などの温泉がある。〔交通〕 首都圏とは上越線,上越新幹線,北陸新幹線,国道17号線,関越自動車道,東北地方とは羽越本線,磐越西線,国道7,49号線で結ばれ,1996年11月に津川まで通じた磐越自動車道は,1997年10月に福島県西会津と結ばれて全通。日本海岸に北陸新幹線,信越本線,越後線,えちごトキめき鉄道,国道8号線,北陸自動車道が通じ,ほかに米坂・白新・弥彦・只見・飯山・大糸・北越急行の各線が諸都市を結ぶ。佐渡島へは新潟・直江津・寺泊の各港から定期航路が通じ,新潟市にロシア,韓国,中国への国際線も発着する新潟空港,佐渡島の佐渡市両津に佐渡空港がある。
→関連項目おけさ節中部地方

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいがた【新潟[県]】

面積=1万2581.75km2(全国5位)人口(1995)=248万8364人(全国14位)人口密度(1995)=198人/km2(全国31位)市町村(1997.4)=20市57町35村県庁所在地=新潟市(人口=49万4769人)県花チューリップ 県木ユキツバキ 県鳥=トキ日本列島の中央部,日本海岸に位置する県。東西80km,南北210kmと南北に細長く,ほぼ紡錘状をなす。面積1万2582km2は全国第5位で,北陸地方の富山,石川,福井の3県分に相当する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の新潟[県]の言及

【越後国】より

…北陸道に位置する上国(《延喜式》)。現在の佐渡を除く新潟県に当たる。
【古代】
 大化改新以後つくられた越(こし)国の蝦夷に接触している地域で,7世紀の半ば阿倍比羅夫が蝦夷経営に活躍し,渟足(ぬたり)柵磐舟(いわふね)柵がつくられた。…

※「新潟[県]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android