遣瀬無(読み)やるせない

  • やるせな・い

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形口〙 やるせな・し 〘形ク〙
① 心中の思いを晴らす場・方法・対象がない。
(イ) 思いを晴らすことができず、つらくせつない。もの悲しい気持である。やるかたない。
※三体詩素隠抄(1622)一「が胸中にみちみちてやるせなきままに」
(ロ) 気苦労が多い。気持のゆとりがない。
浮世草子・好色一代女(1686)四「末々の物入、年中のやりとり、鰤も丹後の一番、さし鯖も能登のすぐれ物を調へ、何角(なにか)に付て気にやるせなく」
② 施すべき手段・方法がない。どうしようもない。
※浮世草子・新色五巻書(1698)二「芝居興行の立札、所には珍敷(めづらしく)、見る人やる瀬(セ)なく立塞がり、海道ふさげて人をとをさず」
やるせな‐げ
〘形動〙
やるせな‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android